しなのんちのいくる

誰にでもあった懐かしいあの頃を漫画にします「あの頃僕らはいつも何かに夢中だった」仲曽良ハミの思い出漫画

タグ:ゲーム

連打法を開発する小学生定規派、硬貨派、素手派といろいろ派閥はありましたが定規連写を初めて見た時は衝撃でしたね。誰が最初にやったんでようねコレ 笑 とにかくあらゆる道具の使い方を工夫して遊んでいましたね。そう言う意味では何でもおもちゃにしていたのかもしれませ ...
続きを読む

前回の話(前編) ゲームはいつも本気だぜ(後編)今みたいにセーブ機能などありませんでしたよ。呪文の文字数が20文字!ド◯クエⅡにいたっては50文字近くあったと思います…コレをノーミスで書き写す能力は当時の僕にはありませんでした…いつもドキドキしながら始めるので ...
続きを読む

ゲームはいつも本気だぜ(前編)ファミコンの対戦ゲームの名作は僕の中ではキ◯肉マンでしょうか。彼らの様にかなり熱くなるもんだからうるさい…そしてケンカになりますw さあこの後ドラクエをやる様ですが仲良く遊べるのでしょうか?続きもお楽しみに!100話一気に読めるも ...
続きを読む

スマンがお前も並べチビ デパートなんかのオモチャコーナーではお試しで新作をプレイできました。そこには子供たちが群がりなかなか順番が回ってこなかったものです。いざ自分の番が来てやるのですがギャラリーの中でやらなくちゃいけないので視線が気になってすぐやられた ...
続きを読む

前編はこちら ディスク書き換えの旅(後編)街に子供だけで遊びに行くのは禁止でした。おもちゃ屋やゲームセンターなどはこのようなリスクがいっぱいだったからです…でも行きたいんですよ…このリスクを背負ってでも行きたいんですよ…。 【シュウの他の話】シュウといくる ...
続きを読む

ディスク書き換えの旅(前編)当時ディスクシステムが発売された時は衝撃でしたね。だって自分のお小遣いで新しいゲームを手に入れることができるんですもん!普通のファミコンソフトは五千円程度しますからお誕生日とかクリスマスとかビックイベントがないと買ってもらうこ ...
続きを読む

反射神経のよいゴリラテレビでよくやっていた叩いて被ってジャンケンポンのゲームですね。しなのは顔面への打撃ルールに慣れてますからしかたないのかもしれません…僕も数年前に宴会の席でやりましたがもうアベコベになってしまって無理ですね…笑 【いくるの他の話】マッ ...
続きを読む